KANAYA

TAKAOKA 金工

INFORMATION

金屋町の町家に店舗を構える、モダンな高岡鋳物のブランド。錫や銅、真鍮などの金属を作品に合わせて使いこなし、スツールやハンガーラックなどの家具ライン「インテリアスタイル」、雑貨中心の「メタルスタイル」の2ラインを展開。いずれも現代の住宅にマッチするミニマルなデザインと機能が特徴。そして使い続けることで味わいが増す、金属独自の素材感も大切にした作品を多数制作しています。

ACCESS

住所:〒933-0802 富山県高岡市金屋町2-5
TEL:070-5630-2933
WEB:http://kanaya-t.jp/
営業時間:11:00~16:00
定休日:不定期(事前連絡をお願い致します)
アクセス:【電車】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より車で約5分。
駐車場:普通車2台

四津川製作所 喜泉堂・KISENショールーム

TAKAOKA 金工

INFORMATION

高岡鋳物発祥の地、高岡市金屋町で代々続く銅器メーカー。香炉や花器など伝統的美術鋳物の「喜泉堂」、金属の良さを柔軟な発想で生かしたライフスタイルブランド「KISEN」の2つのブランドを展開。ブランド名のもととなる創業時からの雅号「喜泉」には、暮らしに喜びと潤いを添える品々をつくり届けたいという思いが込められています。ショールームには両ブランドの品が展示され伝統と革新を同時に感じることができます。

ACCESS

住所:〒933-0841 富山県高岡市金屋町7-15
TEL:0766-30-8108
WEB:「KISEN」www.kisen.jp.net 「喜泉堂」www.kisendo.net
営業時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日 (その他、年末年始、お盆期間など)
アクセス:【電車】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より車で約5分。
駐車場:普通車3台、大型バス不可

鋳物工房利三郎

TAKAOKA 金工

INFORMATION

銅器作りが盛んな高岡市金屋町では、様々な製法で作品が作られています。中でも最も古い制作技法「双型鋳物(そうがたいもの)」を初代・利三郎が約150年前に開始したのが「鋳物工房 利三郎」の始まり。以来、趣ある町家の工房にて、茶道具から現代的な小物まで幅広く、伝統的技法に新しさを加えながらひとつひとつ手作りで制作しています。

ACCESS

住所:〒933-0841 富山県高岡市金屋町8-11
TEL:0766-24-0852
WEB:http://www13.plala.or.jp/jinpachi/
営業時間:10:00~18:00
定休日:第4日曜
アクセス:【車】能越自動車道「高岡IC」より約10分。 【徒歩】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より約15分。
駐車場:有(お食事処「ゆづら」と兼用で3台)

Orii gallery 八ノ蔵

TAKAOKA 金工

INFORMATION

銅製品の着色を手がける「モメンタムファクトリー・Orii」のショップ、「Orii gallery 八ノ蔵」。およそ3キロほど離れた工房で制作される、鮮やかな色彩の銅作品全ラインナップが蔵を改修した空間にずらりと並びます。場所は、「山町ヴァレー」内。旧商家を回収した商業施設で、洋風建築から「Orii gallery 八ノ蔵」が入る土蔵まで、建築散歩も楽しめます。

ACCESS

住所:〒933-0914 富山県高岡市小馬出町6山町ヴァレー内
TEL:0766-60-8106
WEB:https://www.mf-orii.co.jp/gallery/
営業時間:木曜・金曜11:00~17:00、土曜・日曜10:00~17:00
定休日:月曜・火曜・水曜
アクセス:【徒歩】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より約12分。
駐車場:普通車6台

高綾金寿堂

TAKAOKA 金工

INFORMATION

石畳と町家が並ぶ「金屋町石畳通り」に所在する、町家を改装した店舗。高岡鋳物発祥の地と言われるこの街で、高岡銅器・茶道具・古美術を展示販売しています。店内には、「高岡銅器伝統工芸士」が自由に作品展示を行う空間も併設。また、店舗の大半を開放しており、伝統的建造物指定の当建物、「金屋町町家」自体の見学も可能です。

ACCESS

住所:〒933-0841 富山県高岡市金屋町2-3
TEL:0766-75-9292
WEB:https://kinjyudo.jimdofree.com/
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休(年末年始除く)
アクセス:【電車】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より車で約5分、JR「新高岡駅」より車で約15分。 【車】能越自動車道「高岡IC」より約10分。
駐車場:金屋町緑地公園駐車場に普通車10台

(有)シマタニ昇龍工房

TAKAOKA 金工

INFORMATION

1909年(明治42年)創業、寺院用の「りん」(澄んだ音のする仏具)を専門に製造している工房です。全国に10人に満たないりん職人の内3人が所属し、「金槌で叩く」ことにより板を絞り、丸みを整え音を調律することで、りんを制作しています。また2012年(平成24年)にこの“金槌で叩く”技術を用いた新ブランド「syouryu」を立ち上げ、「すずがみ」等ライフスタイル商品を展開製造しております。

ACCESS

住所:〒933-0847 富山県高岡市千石町4-2
TEL:0766-22-4727
WEB:http://www.syouryu.com
営業時間:8:00~17:30
定休日:日曜・祝日・お盆・年末年始
アクセス:【徒歩】あいの風とやま鉄道「高岡やぶなみ駅」より約20分。
駐車場:普通4台、大型バス不可

株式会社能作

TAKAOKA 金工

INFORMATION

鋳物の街として有名な高岡市。その始まりは約400年前、加賀藩2代藩主・前田利長が7人の鋳物師を招いたことからと言われています。能作の創業は1916年(大正5年)。創業当時は主に仏具、茶道具、花器を製造していました。2017年(平成29年)、新社屋が完成。工場見学や鋳物製作体験、地元食材を盛り込んだメニューを錫器で楽しめるカフェ、独自に編集した観光情報コーナーを備え、連日多くの人で賑っています。

ACCESS

住所:〒939-1119 富山県高岡市オフィスパーク8-1
TEL:0766-63-0001
WEB:www.nousaku.co.jp
営業時間:10:00~18:00
定休日:年末年始
アクセス:【バス】あいの風とやま鉄道「高岡駅」またはJR「新高岡駅」より加越能バス「能作前」下車、徒歩約1分。
駐車場:普通車52台、大型バス2台

モメンタムファクトリー・Orii

TAKAOKA 金工

INFORMATION

1950年(昭和25年)に「折井着色所」として創業。以来、美術工芸品や仏具、銅像など様々な銅製品の着色を手がけています。「銅着色」とは、薬品と炎をコントロールしながら銅や真鍮に鮮やかな色彩を発色させる伝統技術。現在ではその技法を進化させ、オリジナル商品の製作やホテル、レストラン、商業施設で使われる建築資材の開発など、培われた伝統と金属の持つ美しさを新たな視点で次の世代へと受け継いでいます。

ACCESS

住所:〒933-0959 富山県高岡市長江530
TEL:0766-23-9685
WEB:www.mf-orii.co.jp
営業時間:9:00~18:00
定休日:第2土曜、日曜、祝日
アクセス:【バス】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より加越能バス「長江口」下車、徒歩約10分。
駐車場:普通車10台、大型バス可(要事前予約)

(有)武蔵川工房

TAKAOKA 漆芸

INFORMATION

創業は1910年(明治43年)、「高岡漆器青貝塗り(螺鈿)」の製造工房です。螺鈿の「螺」は貝類のことであり、「鈿」は飾りを意味します。その名の通り、夜光貝などの貝類を彫刻し漆器や木地にはめ込む技法。武蔵川工房では、厚さわずか0.1mmの貝殻をカットし漆や塗り面に貼り付ける加工を、一つ一つ職人が手作業で作っています。アクセサリーをはじめ箱状のもの、家具類の装飾まで幅広く製作しています。

ACCESS

住所:〒933-0907富山県高岡市地子木町1-23
TEL:0766-26-0792
WEB:www.raden-musasigawa.com
営業時間:9:00~18:00
定休日:土曜、日曜
アクセス:【電車】万葉線高岡軌道線「市民病院前駅」より車で約4分
駐車場:普通車4台

大寺幸八郎商店

TAKAOKA 金工

INFORMATION

石畳に町家が並ぶ、江戸時代の風情を残す富山県高岡市の金屋町。大寺幸八郎商店はそのような街なかにある工房兼カフェ&ギャラリーです。初代が鋳物工場を始めて以来高岡銅器に携わり、現在は製造卸と、展示販売も行っています。江戸末期に建てられた町家の店舗には、古い時代のものから現代のライフスタイルに合った物まで鋳造品、金属工芸品を幅広く取り揃えています。

ACCESS

住所:〒933-0841 富山県高岡市金屋町6-9
TEL:0766-25-1911
WEB:www.ootera.com
営業時間:9:00~17:00
定休日:木曜
アクセス:【バス】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より加越能バス「金屋」下車、徒歩約2分。 【車】能越自動車道「高岡IC」より約10分。 【徒歩】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より約20分。
駐車場:無し、近くに公共の観光駐車場あり

漆器くにもと

TAKAOKA 漆器

INFORMATION

創業は1909年(明治42年)。伝統的工芸品「高岡漆器」の技術でお盆や箱物(文具箱や硯箱など)を生産。現在は、伝統の技術を用いた日用品、アクセサリーも生産しており、オーダーメイドやOEMの相談も可能です。また、伝統的建造物保存地区の「山町筋」にて、“高岡のものづくりに出会えるお店”を運営。漆器に限らず高岡を中心に全国の金属・ガラス・木工などの商品も取り揃えています。

ACCESS

住所:〒933-0914 富山県高岡市小馬出町64
TEL:0766-21-0263
WEB: www.kunimoto-japan.com
営業時間:10:00~18:00
定休日:火曜・水曜
アクセス:【徒歩】あいの風とやま鉄道「高岡駅」より約15分。
駐車場:無し、約100m先に無料観光駐車場あり