GO FOR KOGEI

facebook instagram twitter youtube

Artist

福本 潮⼦

Fukumoto Shihoko

《月影》 2004 亜麻 展示風景「第14回清流展」(2004年)染・清流館、松代藩文武学校 個人蔵 H195×W700 cm

≪朝霧≫

《太陽の道》 2008 木綿 展示風景「しつらいの布展」(2008年)ギャルリー田澤 個人蔵 H250×W260 cm

Photo: Korota Takeshi

Photo: Kawabe Toshiharu

福本は、大学在学中に訪れたパプアニューギニアで現地の伝統美術に出会い、日本の伝統美術に興味を抱く。帰国後、藍染に出会い、独学で藍を学ぶ。着物や帯などの実用性のあるものから、空間インスタレーションのアート作品も数多く手掛けている。今回出品する幔幕は、シンプルな抽象度の高いグラデーションが特徴的だが、布の表面に揺れる波のようなテクスチャーが加わることで、時間的な奥行きや広がりを感じさせる。

作家プロフィール

福本 潮⼦

Fukumoto Shihoko

1945年大阪市生まれ。1968年京都市立美術大学(現:京都市立芸術大学)洋画科卒業。主な展覧会に、2019年「京都の染織 1960年代から今日まで」(京都国立近代美術館)、「みた?ー子供からの挑戦状」(東京国立近代美術工芸館)、2020年「京都の美術 250年の夢」(京都市京セラ美術館)、「国立工芸館 石川移転開館記念展Ⅰ」(国立工芸館)、2021年「ゆかたと藍の世界」(高松市美術館)、「Fashion in Blue」(チェコ国立プラハ工芸美術館)、2022年「コレクション展2BLUE」(金沢21世紀美術館)など。