2024.9.14sat - 10.20 sun

TOYAMAKANAZAWA

アーティスト

サリーナー・サッタポン

  • 展示

01/3

《Balen(ciaga) I belong》2022年 展示風景「CAF賞2022入選作品展覧会」(ヒルサイドフォーラム・東京、2022年)[参考作品]

展示風景「スペクトルの彼方で」(現代芸術振興財団ギャラリー・東京、2024年) Photo: Kioku Keizo[参考作品]

展示風景「My spirit will follow you」(EUKARYOTE・東京、2023年)[参考作品]

タイの少数民族出身という背景や、日常生活のインスピレーションから作品を制作する。社会の目に見えない構造を、鮮やかなインスタレーションやパフォーマンスによって表した作品を手がけている。出展作品は、住む場所を追われた際に家財や荷物を持ち運ぶバッグと、工事現場で使用される仮設足場でできている。自然災害や感染症、戦争、経済的問題などの要因によって、居場所や故郷となる場所を失った人々の存在を表しており、同時に誰しもが当事者になりえる事を暗示している。バッグは生活を再建するまでの一時的な心の拠り所としても見え、色鮮やかな明るさを放っている。

展示

岩瀬エリア

I-1|富山港展望台

プロフィール

サリーナー・サッタポン

Sareena Sattapon

1992年タイ生まれ。2018年にシラパコーン大学大学院美術学部を修了。2022年から東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻(博士後期課程)。近年の主な展示に「In the realm beyond spectrum」(現代芸術振興財団、2024年)、「My spirit will follow you」(EUKARYOTE、2023年)、「Durational space #2」(Lilith Performance Studio・スウェーデン、2023年)などがある。主な受賞歴として「CAF賞2022」最優秀賞(2022年)などがある。